豆、デビュー。

home > 北海道地豆倶楽部 > 豆、デビュー。

豆、デビュー。

2013年12月 2日 UP


当社で開催される地豆講座に、スタッフとして遠くから近くから眺めてはや半年。
先日ついに念願の圧力鍋の購入し、自宅で地豆デビューを果たしました。
お恥ずかしながら、これまではスーパーの煮大豆を愛用しておりました上に、圧力鍋を使うのも人生初。近頃の圧力鍋は随分手軽で安全と聞くものの、それでも何かと怖いイメージが強い圧力鍋。
普段は説明書は読み飛ばし、実地で何とか覚えるタイプですが、
さすがに今回は食い入るように説明書をみながら、ひとつひとつの機能を確かめます。


11月某日深夜。豆の浸水を開始。 
べにや長谷川商店の青大豆半分を水につけます。

1.jpg


そして、月曜日の朝・・・。

4.jpg


あら〜♪ 倍の大きさになりました。(左が浸水前、右が一晩浸水後)

5.jpg


6:39 お塩を足して、いよいよ圧力鍋に火をいれます。
使用する鍋は「ワンダーシェフ NEOROTA 3L」(お値引き価格6500円。)

6.jpg


ここからは圧力鍋の説明書と、「べにや長谷川商店が教える豆料理のきほんのき」
(↓コチラ) が頼り!

3.jpg

説明書によるとIHの場合、1分程度弱火で鍋を温める必要があるとの事で1分後の
6:40 強火ON。圧力鍋の説明書と「豆料理のきほんのき」を交互にチェック。
6:44 程なくして鍋ぶたの黒いおもりがグラリグラリ。水蒸気が騒ぎ出したら、すぐ弱火。
6:50  6分したら火をとめて、(ここまでは本の通り!)圧力が抜けるのをまちます。
そして
7:05 蓋、オープン!



8.jpg

ふっくらとしたゆであがり。シワシワにならずにツルンとした感じに。
あら、初回にしては上出来?
圧力鍋やIHによっては、ゆで時間などの調節が必要との事ですが、
我が家では説明書通りの時間でバッチリのようです。

そのまま食べても充分美味しいのですが、
せっかくなので長谷川さんの本にあった明太子&マヨネーズあえを作ってみました。

9.jpg


さて、この豆をもって今日は会社へ!

つまみ出すと手が止まらず、今回茹でた豆100グラムは1日で完食。
う〜ん・・いちばんの問題は食べ過ぎですね。。

豆マスターの道を目指し、またチャレンジしてみます!

新米豆太郎















最新の記事に戻る 全ての記事を見る