アーティチョーク

home > 北海道ハーブ > ハーブの魅力 > アーティチョーク

アーティチョーク

2016年12月16日 UP

20161216_01.jpg

学名 Cynara scolymus
キク科・多年草
和名 朝鮮アザミ

和名が朝鮮アザミですが、
朝鮮とは全く関係がなく、
原産地は地中海沿岸です。

見た目は大型のアザミ。
紫色の大きな美しい花を咲かせます。
時々、お花屋さんでも
雰囲気のある出で立ちの花を
見かけますよね♪

いいね!農style 豊滝農場のハーブガーデンでも
アーティチョークを栽培しています。
栽培2年目の今年は、1つ花が咲きました。

アーティチョークは、
野菜としても知られており、
花のガクを食べる
ちょっと変わった野菜です。
つぼみを茹でて
ガクの付け根を歯でしごいて食べます。
そら豆やアスパラガスに似た香りで、
ホクホクとした食感です。

アーティチョークの仲間に
カルドンという野菜もあります。
カルドンからアーティチョークが
改良されました。
花はそっくり。
刺の有無で見分けることができ、
葉の縁に刺があるものがカルドン。
刺がないものがアーティチョークです。

カルドンもアーティチョークと同じように
つぼみが食べられ、
さらに、とうが立つ前の葉柄(葉の茎)が軟白したものを
茹でたり煮たりして
食べることができます。

アーティチョークを
ハーブとして利用するのは葉の部分。
ちょっと、いや、それなりに苦いです。

ヨーロッパでは、薬用ハーブとして知られ、
ギリシャ・ローマ時代から
肝機能の促進胆汁分泌の促進を目的として
使用されてきました。
その名も「胆石のハーブ」。

科学的にも効果が実証されていて、
カフェ酸誘導体のシナリンや、
苦味のあるセスキテルペンラクトン類のシナノピクリンが
作用の中心となる成分とされています。

この苦味が、消化器の働きを助けるだけでなく、
神経的なトニック効果も期待できるということで、
夏バテや神経性の食欲不振の時にも
オススメです。

作用がマイルドとのことで、
子供にも用いられるようなのですが、
子供がハーブティーを飲むには、
苦味を感じにくくするなど、
なにか工夫が必要かもしれません。

大人の皆様!
特にお酒好きのあなた!
苦いのが嫌だとかおっしゃらずに、
ぜひアーティチョークのハーブティーを
飲んでみてはいかがでしょうか。

アーティチョークやキク科アレルギーの方、
その他、胆道閉鎖、胆石をお持ちの方は
医師にご相談くださいね。

それでは、今日はこの辺で。


文 田所かおり

最新の記事に戻る 全ての記事を見る
最新の記事
アーティチョーク 2016年12月16日 UP
エキナセア 2016年10月21日 UP
コモンタイム 2016年9月 1日 UP
ジャーマンカモミール 2016年7月29日 UP
全ての記事を見る