若さとパワーで地元を盛り上げる中澤農園

home > 生産者トーク&交流会 > 若さとパワーで地元を盛り上げる中澤農園

若さとパワーで地元を盛り上げる中澤農園

2017年1月10日 UP

「brasserie coron(ブラッスリーコロン)」と「いいね!農style」による「coron marche de saison(コロンマルシェデセゾン)」。北海道の生産者をお招きし、お客様にトークセッションや交流会、さらにお料理まで楽しんでもらうコラボ企画です。12月に開催されたイベントの様子をレポートします!


今回ご登場いただいた生産者は、むかわ町穂別地区の「中澤農園」四代目として奮闘している中澤和晴さん。いいね!農styleの伊藤新が進行役を務め、トークセッションは若くして農家を継いだ理由からスタートしました。

中澤さんは三兄弟の末っ子。高校生のころに誰が農家を継ぐのか話し合う「兄弟会議」が開かれたそうです。とはいえ、長男はすでに社会人。次男も将来の進路が決まっていたことから、「おいしい野菜を作って人に喜んでもらえるのもイイかなと軽い気持ちで継ぐことを決めました(笑)」と笑いを誘いました。

december01.JPG

短大を卒業してからは海外農業研修としてニュージーランドへ。帰国後に「中澤農園」に就農しましたが、働き始めてすぐに自信を失う出来事が起きたと言葉を続けます。

「僕は子どものころからトマトが大好き。父に許可をもらって中玉トマトを育てたところ、運良く契約栽培の話をいただきました。が、当時はリコピンダイエットが流行中で、『市場にトマトがあふれ返っているからもう必要ない』といわれ...。手塩にかけた作物が一瞬のうちにして価値を失ったことがショックでショックで」

今でこそトマトの「事件」を失敗談として話せる中澤さん。けれど、当時は自分に農家としての価値を見出だせず、悩み苦しんだと語ります。それでもチャリティイベントでトマトを買ってもらえたり、スノーボードインストラクターのバイトで担当したお客様が満足してくれたり、小さな成功体験が自信を取り戻すきっかけとなったそうです。

december02.JPG

そんな中澤さんは、さらに自信をつけるために道内若手農家の熱意を競い合うJA道青協主催のコンテスト「純農Boy」に応募。パフォーマンスタイムには人気グループを模した「三代目JA Soul Brothers」としてダンスを踊り、見事優勝を勝ち取りました。

「グランプリになって北海道農業のPRに携われたのは本当にうれしかったですし、僕の芯も太くなった気がします。あ、くれぐれもアノ美男子コンテストじゃなくて、『ジュンノウ』ボーイですからね」
中澤さんのジョークに会場は爆笑の渦。オープニングトークは大盛り上がりで締めくくられました。

december03.JPG

お待ちかねの料理が登場する前に、今度は「brasserie coron with LE CREUSET(ブラッスリーコロンウィズル・クルーゼ)」の塚田宏幸シェフとクロストーク。中澤さんの食材は農園を代表する自慢の「だるまいも」です。長芋と自然薯の交配と選抜を繰り返し、ねばりと甘みとコクをグンと際立たせた青森の品種。三代目でもある中澤さんのお父さんが20年以上前から穂別地区で栽培しています。
「欧州ではねばりや繊維質の強い食材はあまり一般的ではないので、どう調理するべきか苦労しました」と塚田シェフ。とはいえ、カットした「だるまいも」を干してポタージュに仕上げたり、細かくたたいて酢漬けにしたりと多彩な工夫を散りばめて見事な洋風料理を完成させるのはさすがの一言です。

そんな気になる今回のメニューは...
◎全粒粉のストラッチ 生の長芋と素焼きにした皮
◎干し芋のポタージュ ヤマドリダケのオイル
◎長芋のグラタン
◎coronのパン

december04.JPG

お客様からは「長芋とは思えない食感!」「甘みが強い!」と大好評。中澤さんも「ふだんはトロロにするか、千切りか、焼くくらい(笑)。こんなにステキな料理にしてもらえてうれしいです」と笑顔を見せました。

december05.JPG

december06.JPG
「全粒粉のストラッチにはだるまいもの皮も入っています。いい香りでしょう」と塚田シェフ。

december07.JPG
お客様とのふれ合いを楽しむ中澤さん。

食後も中澤さんと塚田シェフのトークセッション。中澤さんは「だるまいも」だけでなくアスパラやメロン、スイカ、中玉トマトに和牛など多彩な作目を展開しています。過疎化が進む穂別地区のためにも、いつかは畑や放牧地を案内できるように散策路を整え、観光地として人に来てもらいたいと語気を強めました。
塚田シェフはその言葉に「中澤さんは年下だけど、さまざまな角度から農業や地域を見つめています。そんな熱意に負けないように自分も頑張りたいですし、応援したいとも思える存在ですね」と応えました。

december08.JPG

december09.JPG
当日限定のマルシェでは「中澤農園」の「だるまいも」を販売。買い求める方が後を絶ちませんでした。

盛況のうちに終わった「coron marche de saison」。次回の1月には百合根が登場する予定です。気になる方は、ぜひ、参加してみてください。

最新の記事に戻る 全ての記事を見る