新規就農希望者のための応援企画、第3回『自分で探そう、理想の農style』を開催します!

home > イベント情報 > 新規就農希望者のための応援企画、第3回『自分で探そう、理想の農style』を開催します!

新規就農希望者のための応援企画、第3回『自分で探そう、理想の農style』を開催します!

2018年1月11日 UP

20180111_01.jpg

道内で新規就農をした農家、同じく新規就農を目指している方、そして市町村の担当者と情報交換ができるイベントを開催します。

新規就農をした先輩農業者が10名アドバイザーとして、さらに富良野市、むかわ町、栗山町の担当者も参加しますので、様々な疑問をぶつけてみたり、具体的な就農相談、同じく新規就農を目指す仲間とのネットワークづくりなどにご活用ください。

※お子様スペースもご用意しますので、家族でお気軽にご参加ください。


---
第3回 新規就農希望者のための応援企画
【自分で探そう、理想の農style】

●日時 2/25(日)13:00~17:00

●当日のタイムスケジュール
 12:30~ 受付開始
 13:00~ 趣旨説明
 13:05~ 第一部/新規就農のポイントと流れ
 13:35~ 第二部/テーブル毎のグループディスカッション 
 14:45~ 第三部/農家10名+3市町村の合計13ブースに分かれての相談会
 16:00~ 第四部/全体での懇親会
 17:00  終了予定

●定員 30組
※先着順 ※定員に達した場合は締め切らせていただきます。

●対象
・農業という仕事に興味を持ち始めた方
・新規就農へ向けて動き始めた方
・現在研修中の方
・農的な暮らしに興味を持っている方、など
※今すぐにではなく将来的に考えてみたいという方も、お気軽にご参加ください。

●会場 EDiT 札幌市中央区南2条西6丁目13-1 南2西6ビル地下

●参加費 一家族2,000円
 ※ご夫婦での参加は2,000円になります。
 ※お子様連れも大丈夫です。

●お申し込み 
 下記フォームからお申し込みください。
 お申し込みはこちら

●主催 (株)北海道アルバイト情報社 いいね!農styleプロジェクト

●お問い合せ先:(株)北海道アルバイト情報社 担当/伊藤
 電話:011-223-3533(平日9:00〜17:00)

●参加市町村
富良野市
むかわ町
栗山町

●アドバイザー(順不同)

oshitani.jpg●長沼町
(株)押谷ファーム 押谷 行彦(農style内記事
●兵庫県出身。1999年にアスパラ農家として新規就農。生産物のほとんどを直接販売している。ゼロからスタートした自分だからきっと伝えられることがあるはずと積極的に研修生を受け入れ、農家としての経験と勘を可能な限り数値化し、経営ノウハウとともに、全てを研修生に伝えている。

esaki.jpg●長沼町
(株)esaki ジョージ農園 江崎 佑
●北海道大学農学部農学研究科出身。2009年に洋菓子のきのとやの支援のもと(株)きのとやファームを設立。現在は独立し、(株)esaki ジョージ農園として営農。ブルーベリーやハスカップ、いちごなどの果樹とブロッコリー、かぼちゃなどを生産。都会で暮らす人達へ農業や田舎暮らしの素晴らしさを伝える橋渡し役を続けて行きたいと考えている。

edura.jpg●遠軽町
えづらファーム 江面 暁人(農style内記事
●30歳目前で東京でのサラリーマン生活に終止符を打ち、2014年に畑作農家から事業継承し新規就農を実現。約42ヘクタールの畑で、小麦、馬鈴薯、スイートコーン、甜菜などを生産しながら、農家民宿の経営、農業体験・住み込みボランティアの受け入れ、小麦細工「ヒンメリ」の企画・生産・販売など様々な取り組みを行っている。

ueda.jpg●富良野市
ウエダオーチャード 上田 聡
●福岡県出身。2008年にメロン農家として新規就農。オーガニックメロンを中心にスイカや大豆も栽培し、そのほとんどを直接販売している。自分らしい暮らし方を実現できる仕事だからと農業を選択し、農作業をしないオフシーズンもしかりと設定し、バランスの良い暮らしを目指している。

nomiyama.jpg ●三笠市
のみやまファーム 野見山 朋秀(農style内記事
●福岡県出身。2007(平成19)年に3代続いていた農家事業継承をして新規就農。ミニトマト、メロン、オクラを中心とした多品目栽培。栽培方法よりも結果的に出来た作物が、また買ってもらえるような美味しい作物になっているかということを大切にしている農家。

nomiyama.jpg ●石狩市
(株)コムズファーム 高野 由美(農style内記事
●2013年に経営コンサルの企業が農業生産法人を石狩市で立ち上げ新規参入。農業の課題は、「人」「燃料」「販路」だと考え、農福連携や商店街と連携しての廃油活用など独自の取り組みを行っている。また、消費者の多様なニーズに応えるため、自然栽培と水耕栽培の2つの栽培方法を取り入れているのも特長的。

nomiyama.jpg ●芽室町
廣田農園 廣田 一公
●函館市出身。2016年に芽室町の三角形の小さな畑で模多品目農家として新規就農。農薬・化学肥料を使わずに、ケールや空芯菜、レタス、ニンジンなど様々な野菜づくりに挑戦しながら乾燥ケールなどの加工品も手がけている。また、奥さんの由美さんは、コミュニティFMのパーソナリティを務めるなど情報発信も積極的に行っている。

date.jpg●札幌市
●ファーム伊達家 伊達 寛記(農style内記事
●栗山町出身。2005年に札幌市南区にて新規就農。妻、子供3人と共に家族で営む農場の名は「ファーム伊達家」。無肥料無農薬の自然栽培で年間40種類以上の野菜を育て、その半数以上を自家採種し、札幌市内の会員家庭に旬の野菜を直接届けている。目指しているのは「作る人と食べる人が互いに支え合う家族農業」。

nomiyama.jpg ●札幌市
かわいふぁーむ 川合 浩平(農style内記事
●札幌市出身。2016年に札幌市西区小別沢にて新規就農。自分が美味しいと感じる野菜をという思いから、約30種の野菜を有機肥料、無農薬で栽培。札幌のマチナカから車で約20分の場所に畑があり、畑に遊びにきて自分で収穫をした野菜に愛着をもって食べてもらえるような『畑の八百屋』を目指している。

nomiyama.jpg ●札幌市
ときの森 西山 邦宏
●札幌市出身。ファーム伊達家での研修を経て、2014に札幌市白石区米里にて新規就農。「季」「旬」「時」3つの「とき」を大切に自然栽培で季節毎の野菜を栽培。また、まわりの生産者の野菜も含めて乾燥野菜の加工品も手がけている。また、綿花も栽培し食だけではなく衣にも挑戦中。

最新の記事に戻る 全ての記事を見る
最新の記事
6/17(日)パンcafe2018 開催 2018年6月15日 UP
5/20北海道の農業・酪農お仕事フェアを開催します! 2018年4月19日 UP
いいね!農style主催「ファームまつもと」さんの味噌作り講座(3/19) 2018年2月26日 UP
新規就農希望者のための応援企画、第3回『自分で探そう、理想の農style』を開催します! 2018年1月11日 UP
『新・農業人フェアin札幌』が11/11(土)開催です 2017年10月23日 UP
6/18(日)パンcafe2017開催します! 2017年6月 1日 UP
5/11・17・28 札幌のマチナカで気軽に就農相談会 2017年4月20日 UP
いいね!農style主催「ファームまつもと」さんの味噌作り講座(3/22) 2017年3月 2日 UP
1/29(日)遠軽マルシェ開催します! 2017年1月26日 UP
Brasserie coron×いいね!農styleコラボ企画 12月は中澤農園です。 2016年12月 7日 UP
北海道新規就農フェア11/26(土)開催です! 2016年11月 7日 UP
Brasserie coron×いいね!農styleコラボのトークセッションを開催します! 2016年10月31日 UP
11/12(土)北海道シードルコレクション2016開催! 2016年10月28日 UP
11月11日「自分らしくチーズを楽しむ日」を開催します! 2016年10月21日 UP
10/20農都共生研究会特別フォーラムを開催!テーマは北海道チーズです。 2016年9月30日 UP
いいね!農style×田所かおり「ハーブな一日」を豊滝農場にて開催します 2016年7月15日 UP
6/19にパンcafe2016を開催します! 2016年5月30日 UP
栗山町新規就農相談イベントを札幌のマチナカで開催します! 2016年5月 9日 UP
3/30(水)味噌仕込会を開催します! 2016年3月17日 UP
『昼も夜も、豆な一日。2016』開催します! 2016年1月21日 UP
全ての記事を見る